採用情報

社員紹介

採用情報 > 社員紹介 > 吉田

IT& AIコンサルティンググループ  ディレクター

吉田

どうしよう!人生の岐路!大企業で漠然と不安だった私の決断。 当社に飛び込んだ社員にインタビューしてみました。

Q 本日は入社NO.006?!(※003までは役員です)の吉田さんにインタビューです!

 

 

筆者 まず吉田さんは新卒でどちらに入ったんですか??
 

吉田 某航空大手のシステムを作っている会社に入りました。そこで10数年インフラエンジニアとして働きました。
 

筆者 ちなみに文系卒だったと伺いましたが・・・!
 

吉田 そうなんです。だから僕は数学とか統計学とかよくわからないのです(笑)ちなみに最初にその会社を選んだ理由は最初に内定をもらえたからでした。
 

筆者 おお~ふつうですね。そこでどんな仕事をされていたんですか?
 

吉田 インフラのエンジニアをやっていました。構築設定、運用管理、ベンダーコントロールもやってましたね。
 

筆者 今はブレインズコンサルティングではどんなお仕事を?
 

吉田 今は某大手建設会社に常駐して、お客様の支援をしていますね。

入社当初は、基幹系を含めた全社システム刷新プロジェクトのインフラ・アーキテクトとして参画していました。その後は「相談頂いた事には全力でお答えする」スタンスで、上記に限らず日々起こる様々な課題・タスクに対するご支援を、主に技術的側面から行っています。(各種新システムの開発、運用体制の確立、システム障害対応、保守作業等々・・・)
 

筆者 吉田さんの事を社内であまり見かけないです!逆にどんな時に会社に戻ってきているんでしょうか?
 

吉田 社内の別案件のサポートもしているので、それに関しての仕事がある時は時々会社に帰ってきます。
 

筆者 ちなみに皆さんに聞いているのですが、大手企業からなぜ、ブレインズコンサルティングに入ってきたんですか??
 

吉田 別にブレインズコンサルティングじゃなくてもよかったんです(笑)でも外に出たかった。

僕が感じていたのは大企業だからこその、自社のシステムだけに閉じこもっていて、外の世界を知らないことへの不安でした。

自分ってIT業界において、如何ほどのものなのだろうか?と気になってくるんです。

いざプロの世界に行ったら全く通用しないんじゃないかと。

前職でそれなりに順調にやっていたからこそ、この会社以外で自分はやっていけるのか、不安を感じていました。

そう思って、30代過ぎてもう区切りだと。外に出ようと。転職しようと何社か受けていて、いくつか内定も頂きました。そしてもうここに行こうかなと思っているところがありました。その時に・・・・
 

筆者 オファーメールがきたんですね!!!(笑)
 

吉田 そうです。突然土曜日にメールが来て、(ちょうどケータイいじってたので)返信したら即返信が来て・・・・。なんなんだこの会社?!

って思いました。(笑)当時はHP検索しても出てこなくて。怪しい会社かな・・・ってちょっと不安でしたが。
 

筆者 よく行きましたね。そのあと。。。。
 

吉田 はい、一回茅場町(当時のオフィス)に聞きにいって・・もうなんとなく直感です。面白そうだなと。
 

筆者 直感!?ですか

 

※既出画像 吉田さんもまさにこの時期の入社
 

吉田 当時のブレインズコンサルティングは確立されたサービスとか人工知能とかもなくて、AMIC-Sはありましたけど。でも僕に面接をしてくれた役員が熱く語ってくれました。“運用を幸せにする“って言ってて、僕は前職で運用兼開発みたいな部門にいて苦労したこともあったから、”運用の人をもっとハッピーにする”ことを考えている人もいるんだなと

あんまりほかのところじゃ聞かないなと思いましたね。

そしてコンサルと両輪で回していくっていう、お客さんと寄り添う感じがしたんです。コンサルってきくとスマートでクールで雲の上で仕事しているみたいなイメージがあったんですね。泥臭いことしないイメージ。前職でたまたまコンサルが入ってたからその人たち見てそういうイメージをもっちゃったんですけどね。

その、役員の人と話した時に

色んな会社を、困っている人たちを助けていけるなら、「正義の味方」みたいな存在になっていけるんだなと感じたんです。泥臭くお客さんと一緒にやっていくと。

今まで僕が持っていたコンサル会社のイメージとは真逆の、お客さんと一緒に、お客さんの懐刀だ、というところがすごい魅力的に見えたんです。
 

筆者 入社してみて・・どうでしたか?
 

吉田 そうですね、色々なことに首を突っ込ませてもらえるのが嬉しいです。基本常駐ですが、東京本社に戻ってきてやっている案件も自分がやりたいからジョインしてサポートしている案件なんですね。

そんな中でお客さん先に行っていると、色々なトラブルとか、どう解決するんだみたいな問題がポロポロ出てきます。専門外の事にも出くわすし、でもそれを自分なりに解決していってる。だからお客さん先に行っても役に立てることがあるなと今は自信になっています。今やっている仕事の広さとかを考えると、前職はやっていたこと狭かったな~・・と思いますね。
 

筆者 今後挑戦してみたいことはありますか?
 

吉田 僕は数学出来るわけじゃないので・・・そっち系ではなくてですね。

今はインフラって枠の中でより広く見えるようになってきたから、更に上流のアーキテクチャみたいなところに食い込んでいけたらと思っています。

あと最近ですが、クラウド案件の構築があるので、すごいそれがうれしい!前職はがっちりお堅いからこういったクラウドでの導入はまだだと思う・・・。
 

筆者 ブレインズコンサルティングのこんな人にはおすすめ、というのは何かありますか?
 

吉田  そうですねえ~。当時の僕みたいに世の中の流れに焦りを覚えている人、でしょうか。

うちだと自社内でもどんどん新しいことやろうといているし

世の中の流れが速い中で、新しいことにキャッチしていく環境だから、その中に自分がいることで最新の動向に触れていけますよね。

あとは人が少ないのがメリットですかね。色々なことに首突っ込ませてもらえるし。今のサポート案件も需要予測でAzureを使ってやるって言ってたから、それは参画したいなと思ってやらせてもらっているし。

あと、社内で唯一の普通の人間である僕(笑)がスタンダードだとして、他の人は変人だから、普通の人間が変人と触れ合って新しい自分に出会える!みたいな。
 

筆者 (ここにいる時点で吉田さんも普通じゃないでしょう・・・と思いつつ)

そ、そうですね!!なんか今やっていることに閉塞感がある方には是非うちに遊びにきてほしいですよね!今回はありがとうございました!

ブレインズコンサルティングで働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加